スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
ざらついた汗が 心のヒダを甘く濡らす
 2006.07.11 Tue
いやいやいやいやいやヘイヘイヘイがこらまたこらまたえっらい可愛かったですね。









皆さんもご存知の通り生粋のベタ好きの私のことですから、何に一番萌えたかって、あの光一の可愛い可愛いへそに決まっているだろう。
なんかもうこおたんならなんだって可愛いんですけど、あのへそはいかんだろう、あんな可愛らしい窪みを私は見たことがありません。
あとあのヘアセットは誰がやったか知らんけども、可 愛 す ぎ るふわふわのさらさらですよ、あああおんなのこがいる・・・おんなのこが・・・!!
こんな可愛い顔した27歳がいていいものかと時間に尋ねてみたい。
最初まっちゃんに堂本光一待ちで~みたいなことを言われたときの「!?」っていうリアクションがもうむっちゃ可愛い。
もうこれは散々言われていることですが、こおたんの笑ったときの雪崩顔。・・・もうこれほんとたまらんですね、もうこれみせられると何もかもが許されてしまうような気がします。
なんか今回の新曲宣伝における音楽番組でのトークは「訳のわからんマニアックな話をやたらしたがる光一」がお決まりテーマみたいですね。
いつも思うんだけどさ、あ、ああいう哲学結構興味ある・・・と思っているのは私だけではないはずです。あの、「物は意識することによって初めてそこに存在とするものだ」みたいな話とかむちゃくちゃ興味そそられました。
ダウンタウンはキンキと滝翼にとても好意的なので、やっぱり見ていておもしろかったです。
そんでもってやっぱりこおたんの愛するあまりおへそちらりは何事にも変えられぬ私のチェリッシュでした。


さてさてさて!!!早速(よしこに)買ってき(てもらい)ましたよ!!
ちなみにこれ、当初はよしこと2000円ずつ出して買う予定だったんですが、母の日のプレゼントをまだあげてなかったので、私が全額負担ということで話が付きました。
以下、感想です。むちゃくちゃネタバレなので、まだご覧になってない方はスルースルー。


DYHの方はもうなんといってもやっぱりエクステですか。
かああああわいいなあああああああああ。でも水に濡れちゃったりして、ちょっとわかりにくかったのでもっといっぱい付けてもよかったかなあという感じです。
しかしまあ当たり前なんですが、スタッフの多さにびっくりした。こおたん一人のためにこれだけの人数が動いてるんだなあと思うと堂本光一という人間の存在の大きさに改めて気付かされます。って、散々ちっちゃくて可愛いとか女の子みたいとか挙句の果てには「こおたん」なんてほざいといて何言ってんだよって感じですかそうですよね。
でもこれほんと大変だよなあ、4分弱の映像を作り上げるのに相当な時間と金がかかってんだろうなあ。そう思うと堂本光いch(以下略)
めざましでも映ってたシーンだけど、なんかこおたんが振りやるの忘れちゃった?みたいなときがあって、それに気付いて「うわっ」みたいな顔してるときがあるんだけどもうそれがむっちゃ可愛いんだよ、もうこれどうしよう、どうしてくれようこの可愛さを。
シーン撮り終わって、スタッフさんが「戻ってくださーい」って言ったあと、こおたんとダンサーさんが小走りにテントに駆け込むところで、下がぬかるんでるから女性ダンサーさんの一人が滑りそうになってたんだけど、そのダンサーさんにこおたんがさっと手を伸ばしてるんですよ、そうなんですよね、そういうことが出来る人なんですよね、とかなんとか言ってたら、祈祷師の真似したり(結局雨乞いになってしまった)とか、「朝。朝でぃーす」とか言ったり、ああもう垂れ流される光一クオリティにぶっ倒れそうです。



「+ MILLION~」は、ストーリー仕立てのPVだったんですが、オリスタに「衝撃のラスト」とか書いてある時点で、もしかしてどっちかがどっちかに殺されるオチかなあと思ったんですが、ほんとにそうでした。





あ、なんかすげえ冷静に受け止めてるっぽくしてるけどごめんもうなんか涙が出てしまった。
いや、もはや涙が出るとか出ないの話じゃなくて完全に号泣だった。
なんか泣きながら何泣いてんの自分wって笑えてきたもん。とにかくもうあの空間がすごい悲しくて萌えた。
なんかさ、なんかさーーーー・・・悲しいっすよ。私は
『彼女は絵ばかり描いている。何も話してはくれないので、その絵はメッセージなのだと思い、絵に描くものは何でも買ってきて揃えてあげているのに、まるで相手にされず呆れていたある日、彼女が僕にリンゴを剥いてくれていて、それを差し出してくれている。傍らには二人が寄り添う絵が置かれていた。嬉しくて嬉しくて、たまらず抱きしめたら、リンゴを剥いたばかりのナイフが脇腹に刺さっていた。痛みに耐え切れずソファに倒れこむと、彼女は優しく微笑みながら、絵と同じように僕に寄り添った』
こんな感じにストーリーを受け取ったんですが、どうなんでしょうか。いやーしかしこういう歪んだ愛とかもうすごい萌える!やべえ!
でもさ、でもさ、結局あの最後再び繰り返されたシーンと、あの女の子の笑顔の意味が理解できなかった。
あ、あれはどういう意味なのかな?女の子は最初からあの二人寄り添う絵を描いてて、最初からこうなることを望んでた????みたいに私は受け取ったんですけど、事の真相はどうなんでしょうか。たぶんまあよくある『ご想像にお任せします』ってやつで、このストーリーが説明されることはないんじゃないかと思いますけど!
いろんな人の見解も知りたいなあ。見た人によってラストは違うんだろうね。
でもただ分かってることは、結局両思いだったってことですか。むしろ女の子の方が光一のことを好きだったのかもしれない。
あああやべえやべえそんなの萌えるどうしようまた泣けてきたwww
あとまあ不謹慎なんですが、ソファに倒れこんだときのこおたんの顔面が綺麗と美形とかましてや絶世の美女だとか何だとかでは、とても片付けられないえっらいことになってました。な、何がどうしてどうなってどうすればこんな顔面が出来上がるんだろう。





いやーーーーーーーーーー参った。
スポンサーサイト
  c:4   [ENDLESS☆ENDLICHERI]
comment

え、なにそれ見たい。
by: えりり | 2006.07.14 13:20 | URL | edit

見よう。いや、見るべきだ。絶対に見るがよい。
今度の鑑賞会いつにしますか?
by: くみこ | 2006.07.14 16:45 | URL | edit

いつにしよう?
コミュで決めましょうか!
by: えりり | 2006.07.15 17:27 | URL | edit

そうだね!このための仮面コミュですから!
ちょwww仮面舞踏会てwwwバロスwww
by: くみこ | 2006.07.16 01:36 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

今日の名言のコーナーです。| HOME | めぐり逢えた命は 時も越えて響きあう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。