スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
HIDEAKI TAKIZAWA『ありがとう2005年さようなら』
 2005.12.25 Sun
1・2部ごちゃまぜ感想書き殴り!
この日は人生初横アリでした。
1部の席はまめさん名義だったんですが、もうこれがやばいくらい良席。人生初横アリがここでいいのかと戸惑いつつも開演を待つ。開演までの間、スクリーンには「里見八犬伝」の宣伝VTRが流れて翔央が映るたびに萌える。2部には翔央もきてたけど、紹介だけで出てきたりはしなかった残念。

セットは王冠をイメージしたものらしく、かなり派手で豪華。『滝沢秀明だなあ・・・』って感じ。
シャンデリアとかついてて萌えた。滝邸。

以下、だらだらだらだらと滝魂感想。滝沢秀明は天使。  
◆2人の夜◆
滝沢映像がバーって流れて、おいおいおいどこに現れるんだとキョロキョロしてたら、センターの真ん中(よりちょっと後ろ)にドーン。ああああああ滝沢様が降臨しなすった。そのままセンターをトロッコで移動。
そしてこの超良席の近くに滝沢秀明が来ましtうおおおおおおおおおおおおおおおおおおいいおとこだあああああああああああああああああ
やばい、やばい、超いい男だ、超いい男だ、超かっこいいよ、超かっこいいよ!
生滝の破壊力というものは凄まじく、リアルに跳んだ。ごめん、ぴょんぴょん跳んだ。
1曲目ラベンダーって。

◆バランス◆
初めて1曲まるまる聴いたっていうか、サビでさえ着メロのでしか聴いたことなかったけど、やっぱり良曲でした。
あああこんなTHE滝沢秀明みたいな曲を待っていた。
帽子に羽根ついてて萌えた。なんていうかもう本当にいい男ですね。

◆陽のあたる場所~瞳を閉じて◆
バランスの衣装のまま、陽のあたる場所と瞳を閉じてで客煽りみたいな感じ。ここへ来て、謎の『瞳を閉じて』はなんか聴いたことある曲すぎて最初何の曲が全然わからんかった。
このあとだったか、滝沢が客席に背を向ける感じで、振り向きかけるけどやっぱり振り向かないみたいなことをやってた。すいませんすいません自分ではふざけてるつもりかもしれないんですけど普通にいい男っていうか顔面偏差値高すぎることになってるんで勘弁してください。
そんでもって、お客さんに「タッキー」コール合戦みたいなことをやらせる滝沢。
ステージ正面センターの真ん中を境に右側左側のお客さんに交互に「タッキー!!」と言わせまくる。これを仕切ってる時の動きがもう超超超超超かわいいんだな、あああ天使天使。

◆義経コーナー◆
藤ヶ谷弁慶がどどーんと立って五条の大橋。
いやしかしこのコーナーは『藤ヶ谷ーーーーー!!!!』の一言に尽きる。
弁慶オーディションを勝ち抜いただけあって、堂々とした立ち振る舞いでした。
ちょ、ちょっとgo魂の義経コーナーに比べてだいぶスローだったなあとは思いましたが、最後の刀を藤ヶ谷に渡すところがえがった。
そういやこのコーナーが始まる前に、義経のドラマ映像が流れて滝沢のナレーションも入るんですが、もう声のトーンが低くて本当に萌えた。あと何故かしっかり与一映像も入ってました。滝沢の趣m

◆和製Here I am◆
紅い和柄の衣装で殺陣しまくる。フライングもあるんだけど、忍者に扮したジュニアの子がワイヤーを取り付ける作業にちょっと時間かかってて見ながらヒヤヒヤした。
で、最後にマジック的なものをやるんだけど、2部はステージの真横だったので、タネが丸見えでありました。でも逆にこうなってんのか・・・・!と感動すら覚えた。

◆FIGHT ALL NIGHT◆
ラベンダーきたこれ!母がこの曲を初めて聴いた時(KAT-TUNver.)「タッキーっぽい曲だね」と、ちょお前すごすgみたいな発言をしてたんですが、改めて滝沢が歌ってるのを聴くと「ああ、いかにも滝沢曲」と実感しました。
会報で言ってたとおり、サビが全然違ってました。衣装萌える。

◆不良◆
バクステ?がゆっくりせり上がってしっとり不良。滝連で言ってたね。
こうおとなしい曲というか、バラードを歌ってるときの滝沢秀明ってなんていうか唸るほど美形で困る(go魂の時『卒業』で腰を抜かした)

◆Words Of Love◆
この曲始まった途端、嬉しくてぴょんぴょんしましたすいません。もうこの曲ほんとにほんとに好きでほんとにほんとに好きで膝でリズム感じてしまうくらいにノっちゃって歌っちゃってていやー歌詞萌える。

◆アンダルシアに憧れて◆
ジュニアの子がタッキーへの手紙?みたいなのを呼んでて、その後ろのスクリーンに滝翼の昔から今までを振り返る写真(最後は何故か出雲魂で見つめあってるやつ)が流れてて滝翼魂かよと思ったんですが、やっぱり滝翼かわいくてスクリーンに見入ってて手紙の内容聞いてなかったらジュニアの子が「翼くん~(なんたらかんたら)のように、滝沢くんのアンダルシアもみたいです」って言い出して、もう全然全然訳がわからなくてえ?え?え?え?え?とパニック状態に陥ってたら、ギンギラギンにさりげないほどギラギラしたスーツにハットの滝沢秀明。
ええええええええええええええええええええええええええまじでやんのまじでやんのまじでやんの????????????とか思ってたら始まっちゃってた。
アンダルシアですが、私的には全然アリでした。個人的には!個人的には!
バランスの時点で思ったけど、ダ、ダンスうまくなった?????????←不安なので?多め
滝翼22歳春魂に比べたら全然うま・・・・いやわかんないわかんない。
でも個人的には全然アリでした。いい男だ。

◆君の名を呼びたい◆
ズバリ地獄に落ちる番組でおなじみのこの曲ですが、途中でチケット代表者の名前がスクリーンにだーーーーーーって流れるのがあって、おもしろいことになってました。私の名前は探すも何も算数の教科書見ればリンゴ買ったりミカン買ったりしたりして載ってるようなありふれまくってる名前なので、特に探しませんでした。

◆Day By Day◆
親子席にいる子をステージに連れて行く演出付き。
1部の女の子がマスクしてて可愛かった、2部の男の子も結局踊っていかなかったけど、周りに煽られるとノリノリで可愛かった。
 
◆Venus◆
新曲の振り指導つき。滝翼曲の中で一番ややこしい振り付けだった。
教えてる時に間違えちゃって、スネてんの可愛かった。天使天使。
2部の時に
滝「センターOK?アリーナOK?スタンドOK?ボックスOK?」
客「タッキーはー!?」
滝「お、オレだめ・・・」
って言ってて超かわいいの!しかも振り付け教えて確認するたびに「オレだめ・・・」って言ってもう超かわいい。お前は天使だな。
そして1部。スタンドマイクを真ん中に設置した滝沢が「やっぱ一人じゃなあ・・・」みたいなことを言って、うええええええええつばさくるんすか!!!!みたいに客席がなると、
「うっそー」とか「なんちゃってー」とか焦らしまくる悪戯天使。あれ?ほんとに焦らしプレイだけ?来ないの?みたいになってたら
滝「つばさー?」
って滝沢が呼ぶと翼登場!「つばさー?」の言い方がなんていうか本当にお前らお前らお前らって感じで私はただ地団駄を踏むことしかできませんでした。つばさー?つばさー?
ジャニウェブレポには「翼おいでー?」みたいになってましたが、えええそんなんレポを書いた人が確実のこっち側の人間だとしか思えません。
翼ですが、前髪がちょこっとだけ下りて相変わらずセンスのいい私服でさながら帰国したサッカー選手でした。世界一可愛いサッカー選手だけど。
で、二人でVenus。てっきり2部に来るもんだと思ってたから、油断しまくってたしあまりに萌えすぎてあんまり覚えてない。あああこんな良席で生の滝翼絡みが見れるなんて思ってもいませんでした萌える萌えすぎる。トロッコでセンターを突っ切るたきつ。ああああなんて可愛いんだ。
Venusの最後(?)に二人でなんていうかええっとジャンガジャンガみたいな姿勢やってて可愛かった。
そしてそのままMC。
なんだっけどどどどうしよう全然覚えてないなあ、確かに萌えすぎたけどここまで覚えてないなんて初めてです。とりあえず順番バラバラで覚えてるとこだけ。言い回し等は私の妄想です。


◆MC超うろ覚え。

翼「ソロコン来てくれなかったよね」
と、翼が切り出すと
滝「だから行くよー?もうスケジュール帳に書いてあるから。『翼のコンサート』って」
翼「じゃあ、最前列用意しとくね」
滝「ええー?いいよ、やだよ、最前で俺が見てたらどうすんの?」
どうもこうもない。

翼「今日はお母さんきてんの?」
滝「え!?」
翼「あーーきてるな」
滝「きてないよっ」
翼「この人ん家はほんとすごいよ、大阪と来てるもんね」
滝「だからもういいよ」
翼「おばあちゃんとか大阪で・・・」
すると滝沢が翼の声をかき消すように
滝「あーあー!ぅあああぃされるよーーりーーーーもーーーーー(大声)」
翼「楽屋とかねー」
滝「ぅああああぃしたいまあーーーーじーーーでーーーー(大声)てぃきそーそー」
翼「(満足気)」
滝「お婆ちゃんがね?大阪好きなんですよ。・・・もういいじゃないですか、俺の話は」
とか会場全員がいやお前のコンサートだろうと思ったことは言わずもがなですが。

翼「2人の夜の最後のところの『ウォォォァァ!!』ってのはやらないの?絶対やった方がいいよーねえ?(客に尋ねる)」
滝「ええっ?いや、俺がやってもねぇ?す、すばるだったらかっこいいかもしれないけどさー」
とかやたらリアルな反応をしてました。
名古屋の翼魂MCでも「あの2人の夜のうおーってとこさー」と言っていたので、相当やってほしいんだね、かわいいよつばさ。でも結局2部でもやってなかったけど。いけずな天使。
あとやっぱり一番萌えすぎて死にそうになったのは
HIDEZOの話になり、
滝「これあげるよ」
と、翼にHIDEZOを渡す滝沢。
滝「あ、こうしたら?」
翼のジャケットの内ポケットにHIDEZOをねじ込む滝沢。
滝「あ、いいじゃん、いいじゃん、可愛いよ」
翼「(苦笑)」
滝「南くんの恋人みたい」
翼「えー?古くない?」
滝「ニ宮がやってたじゃん」
翼「あ、俺武田さんの方かと思ってた」
滝「ああ」
すいません、そういう会話は楽屋でやってもらっていいですか
滝「そのままコンサート見れば?」
翼「えー関係者の人に危ない人だと思われるじゃん」
するとおもむろに翼が
翼「あ、ねえあれもグッズ?」
客席の猫耳やらつけた人を指差す翼。
滝「いや・・・あれは違う」
翼「あ、そうなんだ。あ!じゃあさ」
と、HIDEZOを滝沢の頭の上に乗せる翼。
翼「ほら、こういうの可愛いよ!」
滝「(されるがまま)」
そしてHIDEZOを滝沢の靴元に持っていく翼。
翼「あ、それでさあ、こうやって靴のところにつけたらさ、犬が歩いてるみたいでおもしろいよねぇ」
超楽しそうな翼の横でただされるがままに翼を無言で見続ける滝沢。
ああもうほんとお前ら可愛い、可愛すぎてどうしたらいいのかわからなくなってる暇なんてないくらいまだまだたきつは本当に可愛いんですよ。
じゃあそろそろ翼は客席戻ろうかなみたいな空気になって、とりあえず帰ろうとするんだけど、2,3歩進んだところで立ち止まって滝沢の方をじっと見る翼。
翼「……」
滝「なんだよ?」
翼「いや、もういいのかなーっと思って」
と、帰るのを渋る翼に
滝「淋しいんだろー?」
とかふざけたことをぬかす滝沢。
滝「どうする?」
翼「・・・じゃあもうちょっといる」
ああああああああ可愛い!ごめん書きながらすっごい萌えちゃった!
この「じゃあもうちょっといる」って言ったときの翼が超可愛かった、ほんと可愛かった。
ステージの階段にカメラが置いてあることに気付く翼。
はなまるマーケット用の写真を撮るということで、カメラマンを翼に任せ、お客さんをバックに撮影。
しかし、アングルが気に入らなかったらしく、ステージの階段を上って撮り直し。
するとおもむろに自分にカメラを向けちゃう翼。
滝「ちょ、ちょっとアンタ!」
と、翼がデジカメを見て「わっ!」って顔になるんだけど、この「わっ!」って顔がもうすっごいすっごいすっごいすっごい可愛いの!ごめんまた書きながら萌えちゃった!
まあその模様ははなまるマーケットで放送されたとおりです。
翼「すっごいうまく撮れてるよ!」
滝「ちょっ、なんだよこれ!カメラ・・・これ見える?」
(映し出されるデジカメの画像)
翼「これ使いなよ」
滝「これお前が主役じゃん!・・・じゃあ、これ採用します」
客「ちょ、滝沢」

ちなみに2部は一通りコンサートのことを話したりしてから
滝「俺、演舞城の話したっけ?」
客「したよー!」
滝「・・・じゃあ話すことねぇや。ファイブー?」
と、次の曲にいってしまわれました。本当にお前って滝沢は翼がいないと!
時間が押してたらしいとのことですが、にしたってもっと他の言い方があったろうに気まぐれ天使。

◆クリスマスイブ◆
山下達郎氏のクリスマスイブを歌詞カード見ながら歌う滝沢。いい男。
がしかしこのとき会場の誰もが「クリスマス意識してないんじゃ・・・」と思ったはず。
「心ふ かっ くぅー」のところはあああとまにゃーん!って感じで思いがけずとま萌え。

◆ジュニアコーナー◆
藤ヶ谷のラップ初めて聴いた。

◆dakedo~894・・・ハクシ・・・◆
トロッコに乗った滝沢がスタンドを突っ切ります。
この時の衣装がなんていうかセンスがいいとか悪いとかの話じゃなくて、えっ・・・!?って感じでした。プロレスのマスクが肩とかいろんなところに貼ってあった。いわゆる滝沢の趣味。
チャンピオンベルトは萌えたけどね。

◆MADONNA◆
これいい、マジいい、ほんと好き。
まあなんていうか歌詞は、お前を愛してるから抱きしめたいしキスがしたいしこの世が滅びたって愛してるぜみたいな滝沢秀明丸出しの歌でございました。ごちそうさまです。
早くもう一回聴きたい。

◆12月の花◆
これを歌ってるときの滝沢がものすっっっっごくちっちゃくて可愛いんです!ちんまりしてんの!
ごめん、こんな萌え方する歌じゃないってわかってるけど。
なんかやたら小さく見えるの。2部はアリーナの後ろの方だったから余計に。可愛い。
このとき照明が落ちて青い電球が光るんだけど、それが超きれい。ミレナリオとか目じゃないよ。

◆滝翼メドレー 仮面~One Day,One Dream~Get Down~キ・セ・キ◆
Get Downを歌う前に滝沢がマイクを使って「ゲッダーン・・・ゲッダーン・・・ゲッダーン・・・ゲッダーン」みたいにエコーで遊んでた。そして曲が始まると、BOX席の翼にもスポットライトが当たり、さながら滝翼コンお前ら何してんの?翼は立ち上がってクラップしてました。と、その隣に同じく手拍子をしている人物が!だ、誰だろう?と確認しようとするもよく見えず。するとまめさnが
ま「オカケンさんだ」
えっ!マジで!あのとまにゃんが抱かれたくt憧れてやまないオカケンさんかよ!とテンション上がったらシゲでした。全 然 違 う 。
シゲはGet Downが終わって、スポットライトが消えると自分の席へそそくさと帰っていきました。萌える。
 

◆願い◆
ああああああああああこの曲を最後にですか!!と思うくらい私は『願い』が好きでしてええ。
バラードはあんまり好きじゃないんだけど、『願い』だけは大好きなんだよね。
シルバーのキラッキラした・・・なんていうんだろう、裾がむちゃくちゃ長い衣装で、裏地が赤。
その裾を垂れ下げながら、ブランコに乗ってセンターの中央を突っ切る滝沢。(羽つき)
もうこんな野暮ったい言い方はしたくないんですが、王子様でした。しかもこんなコッテコテの衣装がすっごい似合うんだな、似合ってしまうんだな。
そしてブランコを降りて挨拶。裾が長く作ってあるから引きずりながら歩くんだけどもう、本当に王子様っていうかもはや王様。ちょ、超かっこいい。
滝「今回初めてのソロコンで~…」と、挨拶を始める滝沢。さすがにここは私も感慨深くなって、うんうんと聞いていたらやっぱり最後の最後にやらかしてくれました。
滝「でもやっぱり僕は滝翼コンの方が好きだなと思いました」
え、いや、ちょ、おま、今までやってきたこと台無s
と、最後までやっぱり滝沢秀明は期待を裏切りませんでした。
そして左右のカーテン(赤)が閉まって終わり。最後まで王子様。


!Encore!
◆ついに解禁◆
タッキーコールが響く会場に突然スクリーンに次々と流れ出す文字。
  あのダンスが帰ってくる
  伝説のダンス
  早くも解禁
  エロエロダンス 2005
なんかこのときの効果音がババーン!みたいな感じでおかしかった。
すると「HT」と書かれた帽子にサングラスに黒いシースルー、ショッキングピンクのファーを纏った、タキザーラモンHTが登場。
前回、前々回に比べたら全然おふざけで、滝沢の顔が「おもしろいことを真顔でやってる俺」になってた。2004の時も若干そんな感じだったけど。
ハードな帽子にハードなサングラスという出で立ちのタキザーラモンさんなんですけど、ごめん普通に顔面超かっこいい。似合うの!普通に似合っちゃってやがんの!普通に顔面偏差値が凄まじいことになってんの!普通にかっこいい人になっちゃってんの!たきざわー!
そして会場の(いろんな)ざわつきを切り裂くように
タ「ヨ コ ハ マ フォーーーーーーーーーーー!!!」
と絶叫。2部は「ラストだフォーーー!!」でした。ごめん、このとき「可愛いーーー!!!」とか言った。
ていうかズバリであんだけ数子がHG嫌いだ嫌いだつってんのにここでHTやるなんざ、もうこれは数子へ対する至上最大級の嫌味だとしか。
タキザーラモンはそのままトロッコに乗って、サイン配ったりプレゼント配ったりしてました、超美形だった。そしてシースルー衣装のままラブスパイラル。その格好でラブスパの方がよっぽどおもしろいことになってるよ俺の天使。

◆Venus◆
1部のアンコールは翼が再び登場してVenus。ファンの要望に応えて2回でした。
2部はタッキーコールで出てきた滝沢が「何やんの?三味線ブギ?三味線ブギーでシャシャリツ・・・♪」とか歌いだしてて超可愛かった。結局Venusやってくれましたよ。


こんなもんかなー。間違ってる部分があったら教えてください。
個人的に超!楽しかったです。満たされた。
スポンサーサイト
  c:0   [コンサートの感想とか]
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

Tsubasa Imai 1st Tour 23to24 FINAL| HOME | 参戦記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。