スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
えげつない性欲やで!
 2007.01.16 Tue
まあ、総合的結論からいうと

徳井さん≧宏≧とまにゃん

ってことじゃないのかな。いろんな意味で。あ、宏って玉木ね。
よしこが朝のワイドショーで宏を見たらしく、
帰宅早々「もう本当に斗真くんそっくりだったんだから!」と力説されました。うん、知ってる。
「徳井さんと玉木宏と斗真くん並ばせたいわー」とか言ってましたが、残念ながら同じ画面に同じ顔は3つもいらないよよしこ。
いやそんなのかなり興味深いけど。






そんなわけでこんな人間が車を運転していてすいません。
以下、授業中に止まらなくなった妄想。
全部フィクションですのであしからず。
 

ザ少年倶楽部にて。


小山「本日のゲストはKAT-TUNーー!!」
KAT-TUN「どもー」
小山「まあ中丸くんはいつも司会でね、一緒にやってますけども」
中丸「そうっすねー、なんか変な感じっすねえ」
小山「今日はせっかくKAT-TUNに来てもらったんでね、お客さんの質問に答えていただこうと!」
KAT-TUN「おー」
小山「あーでもなあ、お客さんに俺が質問聞きに行っちゃうと、司会やる人いなくなっちゃうしなー、かと言ってゲストに司会やらせるわけにも行かないしなー、どうしようかなー…!」



暗転する会場。



小山・KAT-TUN「お?なんだ?なんだ?」


スクリーン『あの男が帰ってきた…』


小山・KAT-TUN「おいおいなんだよこれー」


スクリーン『ジュニアの謎解き伝道師』



「えーーーーーーーーーーっ!!!???」





デデデデッ♪デデデデッ♪(アダムスファミリーのテーマ)




「きゃーーーーーーーーーーーー!!!!!」




走りこんでくる一人のマント姿の男。





トーマス「ジュニアの謎を全て解き明かす!!私の名前はー!めいたんてーーーい?」





「トーーーーーーーーーマーーーーース!!!!」「きゃーーーーー!!!きゃーーーーー!!!!」




トーマス「お久しぶりでーーす!」



小山「ちょっ…ちょっとちょっと!斗真くん!」
トーマス「えっ?えっ?」
小山「斗真くん!ちょっと!何やってるんですか!」
トーマス「いやっ…トーマス…ですけど」
小山「いやいやいや、生田斗真くんですよね?どう見ても」
トーマス「いや、だーかーらぁ、私の名前はめいたんてーい?」



「トーーーーーーーマーーーース!!!!!」



トーマス「ほらぁー」
小山「ほらーじゃなくて!あの、じゃあトーマスさん、今日はどうしたんですか?」
トーマス「いや、ちょっと近くまで来たんで…」
聖「ええ!?そんな軽いノリで少年倶楽部出れんの!?」
トーマス「今日少年倶楽部の収録やってるよー?って聞いたんでー、あ、じゃあ顔出しとこうかなーって」
聖「え、その格好で今日来たんですよね?」
トーマス「あ、はい、私服です」
聖「警備員さんとか止められませんでした?」
トーマス「あ、もうそれは、顔パスで」
亀梨「顔パスなんだ(笑)」
トーマス「とーにーかーく!お客さんからのね!質問を!聞きに来たんですよ私は!」
聖「なんでキレてるんですか?」
トーマス「なんでそこまでしつこく設定にこだわるんですかっ!もう、俺も久しぶりなんだからわかんないよ!さぐりさぐりだよ!」
小山・KAT-TUN「(笑)」
トーマス「斗真くんは後でまた出てくるんで!もう、とにかく!質問いきますよ!」
亀梨「無理矢理だなー(笑)」
トーマス「じゃーーKAT-TUNに質問ある人!!!!」
「はーーーーーーーーーーーい!!!!!!」「きゃー!きゃー!斗真ー!!」
トーマス「えー誰に、誰にしようかなー…、じゃあこのね、田口くんの、うちわの彼女に聞きましょうかねー」






ゲストは滝つVer.とニュースVer.とエイトVer.もあるんですけどね。
いや実際もうサプライズ出演とか心臓に悪いし斗真担は見れないし避けたいところなんだけども。
が!しかし!!今、斗真担じゃない人にとまにゃんのきゃわゆさを伝えてゆくのがとても大事だと勝手に思っている。
ていうか私、元々少クラを見れない環境にあるので最近の少クラに関する知識が乏しいにもほどがあるんですが、え、い、今でもNHKホールでやってることは確かなんだよね?んで、中丸小山が司会なんだよね?まあ妄想だしな!
スポンサーサイト
  c:0   [未分類]
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

今日も今日とて| HOME | どうも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。